赤十字のボランティアメンバーになりたい
はじめまして。赤十字奉仕団です

 赤十字奉仕団は、「人道・博愛」の赤十字精神のもとに、戦後まもなく全国に結成され、日本赤十字社を支える大きなチカラとして活動に努めています。
 青森県には、昭和53年に県内全市町村に組織された地域奉仕団のほか、若者を中心とした「青年奉仕団」、点訳・朗読奉仕団などの特別な技能をもつ「特殊奉仕団」があり、現在約13,700人の奉仕団員(ボランティア)が県内の赤十字活動を支えるサポーターとして活躍しています。(2014年度現在)


ボランティアには3つのカタチがあります

@地域奉仕団
各地域に根ざしたボランティア活動のほか、災害発生時には、災害非常食の炊き出しや義援金の募金活動、一人暮らし世帯の安否確認などの活動により、被災者の支援活動を行います。

A青年奉仕団
各地域や大学などを拠点に、若者の創意工夫や自主性、専門的技術などを活かしたボランティア活動を行います。

B特殊奉仕団
さまざまな専門的技術を、社会貢献に役立てることを目的に活動する奉仕団です。
現在、青森県には、視力に障害をもつ方のために活動を行う点訳・朗読奉仕団、いのちと健康を守る各種講習会の普及活動を支援する救急法・水上安全法・家庭看護法奉仕団、アマチュア無線で災害発生時の救護活動を支援するアマチュア無線奉仕団、山岳登山者の事故防止などに務める岩木山パトロール奉仕団などがあります。

この活動をもっと詳しく知りたい方はクリック!

“地域奉仕団に参加したい”“青年奉仕団や特殊奉仕団を新たに組織したい”などのお考えのある方は、お気軽に日本赤十字社青森県支部組織振興課までご相談ください。

Copyright (C) Japanese Red Cross Society Aomori Branch. All rights reserved.